これだけは!赤ちゃんのお肌に必要なケアのポイント!

タイトル通り、赤ちゃんのお肌に必要なケアについてこれだけは知っておいて頂きたいという内容をご紹介したいと思います。

はっきりいいまして、
赤ちゃんのお肌に関する知識があるかないかの違いで、
赤ちゃんのお肌の状態に大きな違いをもたらします。

とはいってもその知識自体は全く難しいものではありません。
知っているか知らないか、ただそれだけの違いです。

最初にお伝えしたいことは、
赤ちゃんのお肌とママやパパご自身のお肌を同じに考えるのはNGということです。

それは、赤ちゃんの皮膚というのは大人の皮膚に比べて1/3程の薄さしかないという理由からです。

皮膚が1/3の薄さだとどういったデメリットが考えられますか?

単純に薄い分、刺激に弱いですよね。

その刺激というのは紫外線もそうですし、化粧品による刺激や、タオルなどでの摩擦などの刺激、ハウスダストによる刺激などあらゆる刺激が含まれます。

さらに、皮膚が薄いと皮膚に含まれる水分量が少ないので乾燥しやすくなります。
もちろん皮脂膜でしっかり守られていれば少ない水分量でも大丈夫なのでしょうが、
赤ちゃんの皮脂分泌は不安定です。

生後すぐは皮脂が多くニキビなどの肌トラブルが起こりやすい特徴がありますが、
だんだんと皮脂分泌がおさまってきてむしろ少なくなっていく傾向があります。

そうなると乾燥しやすくなってしまうということになります。

特にお風呂上りはベビーソープで皮脂を洗い流しますので、
余計乾燥しやすくなります。

まとめますと、赤ちゃんのお肌というのは大人に比べて刺激に弱く、乾燥しやすい特徴があるということです。

さらに赤ちゃんはよく汗をかいてるイメージがありますが、
それは本当のことで、大人と同じだけ汗の出る穴があります。

体が小さな赤ちゃんに大人と同じ汗のでる穴があるということはちょっとかいた汗が大量の汗となってしまうということです。

他にも新陳代謝が活発で垢は出やすいです。

簡単にいうと汚れやすいお肌でもあるということです。

こういったことを踏まえて赤ちゃんにとって必要なスキンケアは何かと考えますと、

低刺激&しっかりと保湿&汚れを落として清潔に!

この3つを押さえたスキンケアが必要といえます。

簡単ですよね?
赤ちゃんの化粧品もそうですが、タオルや衣類、その他赤ちゃんグッズを選ぶ際には、
お肌に優しいかな?乾燥させないように保湿できるかな?お肌を清潔にできるかな?
と考えながら選んでいけば良いということですね。

是非、3つのポイントを押さえて赤ちゃんのお肌を乳児湿疹等の肌トラブルから守ってあげて下さい。

ベビースキンケアの選び方のポイント

赤ちゃんのお肌に使うベビースキンケア用品はどのようにして選べばよいのでしょうか?

もちろん目的によって選び方というのは異なります。

どのような化粧品を使っても肌トラブルが起こらないような赤ちゃんの場合なら、
価格や香り、使いやすさなどで選ぶのも良いですし、

肌トラブルが頻繁に起こるお肌の弱い赤ちゃんの場合は、お肌への優しさ重視が良いでしょうし、

赤ちゃんのカサカサ肌が気になる場合は保湿力重視の選び方となると思います。

このように選び方は様々あっていいと思うのですが、
肌トラブルがないからといってお肌に負担が掛かっていないわけではありません。

むしろ刺激に対して敏感に反応するお肌の赤ちゃんの方が信号を出してくれるのでわかりやすいのです。

化粧品によるお肌への影響はすぐに現れるものではなく、
長い時間をかけて影響を及ぼすとされています。
それは経皮吸収されたものが蓄積されていくからです。

そのため、特にお肌のバリア機能などが未熟な赤ちゃんの間はお肌への負担を減らすように心掛けてあげることをおすすめします。

ベビースキンケアといえば、
ベビーソープ、ベビーシャンプー、ベビーローション、ベビーオイルなどがあると思います。

ベビーソープやベビーシャンプーのような洗浄系の化粧品の場合は、
まず第一に洗浄成分のチェックが必要です。
洗浄力が強すぎるとお肌への刺激になるだけでなく、必要な潤いまで奪ってしまいます。

また、洗浄成分以外の成分もお肌への負担となる成分が入っているかどうかの確認までしておけば間違いないと思います。

成分知識がなくても今の時代検索すれば、いくらでも成分情報が出てきますので、
我が子のために気になる成分は調べてみましょう。

ベビーローションやベビーオイルの場合は、洗い流したりせず、塗りっぱなしになるので、
特にお肌への優しさが重要です。

ベビーローションは化粧水よりのサラッとしたタイプとクリームよりのしっとりタイプがありますが、
お子様のお肌の状態に合わせて選んであげましょう。

新生児の皮脂分泌が多い時期などはサラッとタイプが良いでしょう。

ベビーオイルは100%のものがおすすめです。
1種類の100%や数種類のオイルの混合でも構いませんが、余計な成分が入っていないものが良いでしょう。

とにかく赤ちゃんのお肌はデリケートであるということをわかっていただき、
ベビースキンケア化粧品選びをされると良い選び方ができると思います。

赤ちゃん用ボディソープを選ぶ際のおすすめポイント

赤ちゃんボディソープ、つまりベビーソープは赤ちゃんのお肌のケアでとても重要です。
ベビーローションやベビークリーム、ベビーオイルなどを塗ることだけがスキンケアではありません。

お肌はなにより清潔に保つことが最も大切です。
その上で保湿ケアを行います。

赤ちゃんのお肌を清潔に保つにはこまめにお肌の汗などを拭いてあげることも大切ですが、
お肌の状態をリセットする一番の方法は入浴時に赤ちゃん用ボディーソープで洗ってあげることです。

赤ちゃん用ボディソープは赤ちゃんのお肌に直接使うものだからお肌に優しいのが一番です。
それでは赤ちゃんのお肌に優しい赤ちゃん用ボディソープはどのように選べばいいでしょうか?

それは「成分」です。
ベビーソープに関して言うなら、洗浄成分、保湿成分、配合数が少ない
ということがポイントとなります。

特に洗浄成分はお肌への影響が大きくなる要素ですので、
洗浄成分がお肌に優しいベビーソープを選ぶことは大切です。
ベビーソープやベビーシャンプー、ボディソープ、シャンプーなど洗浄を目的とした化粧品の品質は洗浄成分で決まるといっても過言ではありません。

成分や保湿力などの見分け方の詳細は下記サイトを参考にしてください。
赤ちゃん用ボディソープのおすすめの選び方

優しさで選ぶ!おすすめベビーシャンプーの選び方

ベビーシャンプーを選ぶときには赤ちゃんのお肌に優しいものを選びたいですね。

ベビーシャンプーはベビーソープと異なる意味で使われる場合と同じような意味で使われることもあります。
ここでは赤ちゃんの全身まるごと洗えるベビーソープのような意味でベビーシャンプーの選び方を紹介します。

お肌に優しいかどうかはどのように確認すればいいのでしょうか?
メーカーや販売店による「お肌に優しい」という言葉や「無添加」とか「オーガニック」といった言葉でしょうか?
ご存じのとおり、商品の悪い点をアピールするメーカーや販売店はいませんよね。
この商品はお肌への刺激が強いです!なんていうシャンプーやボディソープなどを見たことがありません。

ではベビーシャンプーを選ぶママやパパはどういった判断基準を持てばいいのかといいますと、
まずは成分を確認するということです。
そして、無添加と書かれていれば何が無添加なのかを確認するということ、
さらに保湿力はバッチリか?成分はシンプルか?などを確認しましょう。

特にベビーシャンプーのような洗浄系の化粧品の場合は、
成分の中でも洗浄成分がどのような成分なのかをよく確認することが大切です。
赤ちゃん向けのベビーシャンプーにもし、ラウリル硫酸Naなどが入っていたらお肌への負担が大きくなります。

成分の見方などの詳細は下記サイトをご参考にしてください。
おすすめベビーシャンプーの選び方

安心して使えるベビーソープ選びの3つのポイント

大切な赤ちゃんのお肌に直接使うベビーソープはママやパパが安心して赤ちゃんに使えるものがいいですよね。
ベビーソープがたくさんあってどのベビーソープを選べばいいのかわからないというママやパパのために、

安心して使えるベビーソープを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

①お肌に優しい成分で作られていること
②保湿力が高いこと
③配合成分が多すぎずシンプルであること

この3つのポイントを押さえながらベビーソープを選ぶことでママやパパも納得して安心して赤ちゃんに使えるベビーソープ選びができるのではないかと思います。

成分に関するよくある勘違いとしては、合成のものは肌に悪く、天然由来がお肌にいい!
合成の成分でお肌に負担の掛かる成分もありますが、お肌に優しい成分もあります。
天然由来だから全てお肌に良いとも限りません。

他にも界面活性剤は良くない!といわれることがありますが、
界面活性剤を誤解しています。界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる成分で
お肌の皮脂汚れを洗い流すのに必要な成分です。
お肌に負担の掛かる界面活性剤ではなく、お肌に優しい界面活性剤が使用されているものを選ぶことが大切です。

そういった成分、保湿力などについて詳しい内容は下記サイトを参考にしてください。
ママパパ安心のおすすめベビーソープ

髪と頭皮をしっとりと潤す優しいシャンプー「マーガレットジョセフィン」

髪のダメージが気になる、髪がパサパサする、髪にコシがない、髪にツヤがない、そういった髪のお悩みは頭皮のケアが大切です。

髪は頭皮から生えているので、当然頭皮環境が良くないと髪への影響も出てきます。
ヘアケアの基本は頭皮ケアなのです。

そして、どんなケアが最も大切かと言いますと、それは髪や頭皮への潤いです。
髪にとっても頭皮にとっても乾燥は最も避けたいこと。

頭皮や髪に優しいシャンプーでありながら、しっかりと潤いを残して洗い上げてくれる。
そんなシャンプーが頭皮ケアに最適なシャンプーといえます。

マーガレットジョセフィンのシャンプーはどうかといいますと、
アミノ酸系の洗浄成分を使用した髪と頭皮に優しいシャンプーであり、ノンシリコンシャンプーでもあります。

さらに北海道の鮭からわずかしか摂れないマリンコラーゲンを配合で、
シャンプーだけでも髪がしっとりと潤うシャンプーとなっています。

また、マーガレットジョセフィンのシャンプーにはSODという頭皮の環境を整えてくれる成分が配合されています。シャンプーにSODが配合されているのはとても珍しいです。

シャンプー選びに大切なたった一つのこと

シャンプージプシーという言葉があるくらい色々なシャンプーを試してみる人がたくさんいます。

試す理由はそれぞれでしょうが、多くの場合、今のシャンプーが合っていないからという理由ではないでしょうか?

自分に合ったシャンプー選びをするのに大切なたった一つのことがあります。

髪の悩み、頭皮の悩みと大きく分けれますが、
もっと細かく見ていくと
髪の悩みの場合は、ハリがない、コシがない、ツヤがない、乾燥している、ボリュームがない、といった内容。
頭皮の悩みは、フケ・かゆみ、頭皮湿疹、頭皮の乾燥、抜け毛といった内容です。

髪の悩みを抱えている方は頭皮環境を見直すことが大切です。
髪は頭皮から生えてくるのです。
髪に問題があるとすれば、根本は頭皮に問題があると考えるべきです。

頭皮トラブルが起こる理由は大きくわけて2つです。
1つは食生活・生活習慣・ストレスなどの内的要因
2つめはシャンプーやスタイリング剤、紫外線などの外的要因

今回はシャンプー選びについて紹介していますので、
シャンプーに関して選び方は一つです。

それは成分を見ること。
シャンプーの成分で配合量が多いのは水以外では洗浄成分です。
そして、シャンプーは1%以上配合されている成分に関しては配合量順に並んでいます。
ということで、水の次から記載されている4つくらいの成分を確認してください。
それがほとんどの場合、使われている洗浄成分です。

もし頭皮や髪の悩みがないのであれば、好みでシャンプーを選ぶのが一番ですが、
何か悩みがあるのであれば、成分を確認するようにすることをオススメします。

色々なシャンプーが揃ったシャンプー専門サイトはこちら⇒シャンプーラインナップが豊富な通販サイト!シャンプーオンライン

赤ちゃんに優しいベビーソープはコレ

赤ちゃんのお肌は大人よりも乾燥しやすいって知っていましたか?

赤ちゃんのお肌はまだ未完成でとても薄く、乾燥しやすいのです。

そして、ニキビ肌や敏感肌、乾燥肌でお悩みの皆さんならご存知だと思いますが、
お肌が乾燥するというのはお肌トラブルの一番の元となります。

お肌は乾燥してしまうと、元々備わっている刺激からお肌を守るバリア機能が低下してしまい、
ちょっとした刺激にも負担がかかり、トラブルの原因となります。

アトピー肌とかあせもといった赤ちゃんに多い肌トラブルも
しっかりとお肌を清潔に保ち、乾燥させないようにして健やかなお肌の状態を保ってあげることで、
トラブルに強いお肌を維持できます。

石鹸ベースのベビーソープは沐浴後や入浴後にお肌が乾燥しやすいこともあります。
無添加だから石鹸ベースがいいと思っている方も、石鹸ベースでなくてもお肌に優しい成分というのはたくさんありますので、石鹸に固執する必要はありません。

赤ちゃん向けのベビーソープもたくさん販売されていますが、
一番オススメのベビーソープはドルチボーレというブランドのベビーソープです。

このドルチボーレ ベビーソープの良い点としては、
赤ちゃんだけでなく、お肌が敏感な方や乾燥しがちの大人の方にも洗顔やボディソープとして使えるということです。
とにかくお肌に優しい成分でできていますので、デリケートゾーンを洗うのにもオススメです。

ドルチボーレ ベビーソープは水にこだわっていて、
よくある精製水ではなく、こだわりの天然水を100%使用して作られています。
その天然水も九州の佐賀県、雷山が採水地の非加熱天然水から作られた「天使の希水」が使われています。

もともと赤ちゃんのために作られた水なので、赤ちゃんにとても優しい水です。

お肌を潤す保湿成分も、できる限り肌に負担がかからないように、
お肌に元々存在する天然保湿因子と呼ばれる成分やそれに類似した成分が使用されています。

天然保湿因子というのはヒアルロン酸やセラミド、PCA-Naといった成分です。他にもアミノ酸やコラーゲンなども天然保湿因子です。

ドルチボーレにはヒアルロン酸やPCA-Na、そして、セラミドに類似した成分であるコメヌカスフィンゴ糖脂質が配合されています。

洗浄成分もお肌に優しい成分ばかりで、潤いを与えながら優しく洗い上げます。

赤ちゃんだけでなく、お母さんやお父さんなど、家族みんなで使えるのが、
ドルチボーレ ベビーソープです。

ドルチボーレの公式サイトはこちら⇒赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

ベビーにも使える化粧品は大人のニキビ跡にもオススメ

私は思春期ニキビをつぶしたことでニキビ跡が出来てしまったことをずっと後悔しています。

基礎化粧品のモニターをさせて頂く機会があり、化粧品会社の方とメールでやりとりをしていた時期があったのですが、ニキビ跡が気になるのですが治るにはどうしたらいいですかと質問したことがあります。

ニキビ跡を薄くするためのエステの施術や基礎化粧品があるようですが、基本的には凹凸が出来たニキビ跡は今の技術では治らないと言われました。ニキビ跡が目立たないように毛孔のケアをしたり、皮膚がたれて来ることで凹凸が目立つので基礎化粧品で引き締めたり、皮膚を持ち上げる努力をすることで多少の見た目は変わりますが薄くなることはありません。

ニキビ跡がどうして治らないかと言いますとすぱっと切れた傷は修復が早いけれど指や爪でつぶしてしまいがちなニキビは傷跡の観点からするとぐちゃぐちゃな傷跡になっているので皮膚が自然治癒しようとしたときに元通りにいかないから凹凸になるのだそうです。

中学生のときにその事実を知っていれば絶対に爪でつぶしたりはしなかったのにと後悔するばかりです。ニキビが出来た場合はすぐに皮膚科を受診して専用の薬を塗り、なるべく手で触って雑菌をつけないように気をつけるべきです。体験談から絶対につぶしてはいけないとニキビに悩む人には教えたいです。

ニキビ跡消す為にはとにかくお肌に優しく潤いたっぷりの化粧品を使うことです。
お肌への優しさの基準はベビーにも使えるかどうか。
ベビーにも使える化粧品であれば、大人のお肌にも低刺激です。

ニキビケアについての情報をもっと知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消すのに大切な化粧品の選び方の情報サイト

ベビーに使う化粧品を気に掛けるように化粧品を選んでニキビ跡消す方法

ニキビケアという言葉を聞くとどのようなイメージをしますか?
できたニキビを治すというイメージが強いかもしれません。

できたニキビを治すということを続けても何年も何十年も同じことを繰り返している場合があります。
なぜそうなるのか、根本的なケアをしていないからです。

なぜニキビができるのか、そこが重要です。
ニキビケアとは本来ニキビができないように予防するケアを指します。
ではどのようにニキビケアすればいいのでしょうか。

まずニキビができる流れを見ていきましょう。
①毛穴がふさがる⇒お肌が弱っていて角質などが詰まる。
②ふさがった毛穴内部で皮脂が過剰分泌される⇒お肌の乾燥などを潤そうとして皮脂がたくさん分泌される
③溜まった皮脂を餌にしてアクネ菌が大量に繁殖する⇒いわゆる赤にきびといわれる状態

ニキビケアは今言ったながれにケア方法が隠されています。
ニキビになる流れが上記の流れになっているということは流れを止めればニキビはできにくくなりますよね。

毛穴がふさがるのを防ぐにはしっかり洗顔で汚れを落としましょう。お肌が弱っている場合は角質が厚くなっていることがありますので、ピーリングなども必要に応じておこないます。

そして、乾燥によって皮脂が分泌されやすくなるのであれば、乾燥させないように潤いを与え、保湿する必要があります。
これらが根本的なニキビケアとなります。

産まれた赤ちゃんに使うベビー用品やベビー用化粧品は気を遣いますよね。
それはデリケートな赤ちゃんだからこそお肌に優しいものを使ってあげたい思うからです。
自分自身の美容面においてもベビーをいたわるように化粧品を選びましょう。