髪と頭皮をしっとりと潤す優しいシャンプー「マーガレットジョセフィン」

髪のダメージが気になる、髪がパサパサする、髪にコシがない、髪にツヤがない、そういった髪のお悩みは頭皮のケアが大切です。

髪は頭皮から生えているので、当然頭皮環境が良くないと髪への影響も出てきます。
ヘアケアの基本は頭皮ケアなのです。

そして、どんなケアが最も大切かと言いますと、それは髪や頭皮への潤いです。
髪にとっても頭皮にとっても乾燥は最も避けたいこと。

頭皮や髪に優しいシャンプーでありながら、しっかりと潤いを残して洗い上げてくれる。
そんなシャンプーが頭皮ケアに最適なシャンプーといえます。

マーガレットジョセフィンのシャンプーはどうかといいますと、
アミノ酸系の洗浄成分を使用した髪と頭皮に優しいシャンプーであり、ノンシリコンシャンプーでもあります。

さらに北海道の鮭からわずかしか摂れないマリンコラーゲンを配合で、
シャンプーだけでも髪がしっとりと潤うシャンプーとなっています。

また、マーガレットジョセフィンのシャンプーにはSODという頭皮の環境を整えてくれる成分が配合されています。シャンプーにSODが配合されているのはとても珍しいです。

マーガレットジョセフィンのシャンプーの購入はこちらから⇒驚くほど髪潤う!マーガレットジョセフィンシャンプーの通販サイト

シャンプー選びに大切なたった一つのこと

シャンプージプシーという言葉があるくらい色々なシャンプーを試してみる人がたくさんいます。

試す理由はそれぞれでしょうが、多くの場合、今のシャンプーが合っていないからという理由ではないでしょうか?

自分に合ったシャンプー選びをするのに大切なたった一つのことがあります。

髪の悩み、頭皮の悩みと大きく分けれますが、
もっと細かく見ていくと
髪の悩みの場合は、ハリがない、コシがない、ツヤがない、乾燥している、ボリュームがない、といった内容。
頭皮の悩みは、フケ・かゆみ、頭皮湿疹、頭皮の乾燥、抜け毛といった内容です。

髪の悩みを抱えている方は頭皮環境を見直すことが大切です。
髪は頭皮から生えてくるのです。
髪に問題があるとすれば、根本は頭皮に問題があると考えるべきです。

頭皮トラブルが起こる理由は大きくわけて2つです。
1つは食生活・生活習慣・ストレスなどの内的要因
2つめはシャンプーやスタイリング剤、紫外線などの外的要因

今回はシャンプー選びについて紹介していますので、
シャンプーに関して選び方は一つです。

それは成分を見ること。
シャンプーの成分で配合量が多いのは水以外では洗浄成分です。
そして、シャンプーは1%以上配合されている成分に関しては配合量順に並んでいます。
ということで、水の次から記載されている4つくらいの成分を確認してください。
それがほとんどの場合、使われている洗浄成分です。

もし頭皮や髪の悩みがないのであれば、好みでシャンプーを選ぶのが一番ですが、
何か悩みがあるのであれば、成分を確認するようにすることをオススメします。

色々なシャンプーが揃ったシャンプー専門サイトはこちら⇒シャンプーラインナップが豊富な通販サイト!シャンプーオンライン

赤ちゃんに優しいベビーソープはコレ

赤ちゃんのお肌は大人よりも乾燥しやすいって知っていましたか?

赤ちゃんのお肌はまだ未完成でとても薄く、乾燥しやすいのです。

そして、ニキビ肌や敏感肌、乾燥肌でお悩みの皆さんならご存知だと思いますが、
お肌が乾燥するというのはお肌トラブルの一番の元となります。

お肌は乾燥してしまうと、元々備わっている刺激からお肌を守るバリア機能が低下してしまい、
ちょっとした刺激にも負担がかかり、トラブルの原因となります。

アトピー肌とかあせもといった赤ちゃんに多い肌トラブルも
しっかりとお肌を清潔に保ち、乾燥させないようにして健やかなお肌の状態を保ってあげることで、
トラブルに強いお肌を維持できます。

石鹸ベースのベビーソープは沐浴後や入浴後にお肌が乾燥しやすいこともあります。
無添加だから石鹸ベースがいいと思っている方も、石鹸ベースでなくてもお肌に優しい成分というのはたくさんありますので、石鹸に固執する必要はありません。

赤ちゃん向けのベビーソープもたくさん販売されていますが、
一番オススメのベビーソープはドルチボーレというブランドのベビーソープです。

このドルチボーレ ベビーソープの良い点としては、
赤ちゃんだけでなく、お肌が敏感な方や乾燥しがちの大人の方にも洗顔やボディソープとして使えるということです。
とにかくお肌に優しい成分でできていますので、デリケートゾーンを洗うのにもオススメです。

ドルチボーレ ベビーソープは水にこだわっていて、
よくある精製水ではなく、こだわりの天然水を100%使用して作られています。
その天然水も九州の佐賀県、雷山が採水地の非加熱天然水から作られた「天使の希水」が使われています。

もともと赤ちゃんのために作られた水なので、赤ちゃんにとても優しい水です。

お肌を潤す保湿成分も、できる限り肌に負担がかからないように、
お肌に元々存在する天然保湿因子と呼ばれる成分やそれに類似した成分が使用されています。

天然保湿因子というのはヒアルロン酸やセラミド、PCA-Naといった成分です。他にもアミノ酸やコラーゲンなども天然保湿因子です。

ドルチボーレにはヒアルロン酸やPCA-Na、そして、セラミドに類似した成分であるコメヌカスフィンゴ糖脂質が配合されています。

洗浄成分もお肌に優しい成分ばかりで、潤いを与えながら優しく洗い上げます。

赤ちゃんだけでなく、お母さんやお父さんなど、家族みんなで使えるのが、
ドルチボーレ ベビーソープです。

ドルチボーレの公式サイトはこちら⇒赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販サイト

ベビーにも使える化粧品は大人のニキビ跡にもオススメ

私は思春期ニキビをつぶしたことでニキビ跡が出来てしまったことをずっと後悔しています。

基礎化粧品のモニターをさせて頂く機会があり、化粧品会社の方とメールでやりとりをしていた時期があったのですが、ニキビ跡が気になるのですが治るにはどうしたらいいですかと質問したことがあります。

ニキビ跡を薄くするためのエステの施術や基礎化粧品があるようですが、基本的には凹凸が出来たニキビ跡は今の技術では治らないと言われました。ニキビ跡が目立たないように毛孔のケアをしたり、皮膚がたれて来ることで凹凸が目立つので基礎化粧品で引き締めたり、皮膚を持ち上げる努力をすることで多少の見た目は変わりますが薄くなることはありません。

ニキビ跡がどうして治らないかと言いますとすぱっと切れた傷は修復が早いけれど指や爪でつぶしてしまいがちなニキビは傷跡の観点からするとぐちゃぐちゃな傷跡になっているので皮膚が自然治癒しようとしたときに元通りにいかないから凹凸になるのだそうです。

中学生のときにその事実を知っていれば絶対に爪でつぶしたりはしなかったのにと後悔するばかりです。ニキビが出来た場合はすぐに皮膚科を受診して専用の薬を塗り、なるべく手で触って雑菌をつけないように気をつけるべきです。体験談から絶対につぶしてはいけないとニキビに悩む人には教えたいです。

ニキビ跡消す為にはとにかくお肌に優しく潤いたっぷりの化粧品を使うことです。
お肌への優しさの基準はベビーにも使えるかどうか。
ベビーにも使える化粧品であれば、大人のお肌にも低刺激です。

ニキビケアについての情報をもっと知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消すのに大切な化粧品の選び方の情報サイト

ベビーに使う化粧品を気に掛けるように化粧品を選んでニキビ跡消す方法

ニキビケアという言葉を聞くとどのようなイメージをしますか?
できたニキビを治すというイメージが強いかもしれません。

できたニキビを治すということを続けても何年も何十年も同じことを繰り返している場合があります。
なぜそうなるのか、根本的なケアをしていないからです。

なぜニキビができるのか、そこが重要です。
ニキビケアとは本来ニキビができないように予防するケアを指します。
ではどのようにニキビケアすればいいのでしょうか。

まずニキビができる流れを見ていきましょう。
①毛穴がふさがる⇒お肌が弱っていて角質などが詰まる。
②ふさがった毛穴内部で皮脂が過剰分泌される⇒お肌の乾燥などを潤そうとして皮脂がたくさん分泌される
③溜まった皮脂を餌にしてアクネ菌が大量に繁殖する⇒いわゆる赤にきびといわれる状態

ニキビケアは今言ったながれにケア方法が隠されています。
ニキビになる流れが上記の流れになっているということは流れを止めればニキビはできにくくなりますよね。

毛穴がふさがるのを防ぐにはしっかり洗顔で汚れを落としましょう。お肌が弱っている場合は角質が厚くなっていることがありますので、ピーリングなども必要に応じておこないます。

そして、乾燥によって皮脂が分泌されやすくなるのであれば、乾燥させないように潤いを与え、保湿する必要があります。
これらが根本的なニキビケアとなります。

産まれた赤ちゃんに使うベビー用品やベビー用化粧品は気を遣いますよね。
それはデリケートな赤ちゃんだからこそお肌に優しいものを使ってあげたい思うからです。
自分自身の美容面においてもベビーをいたわるように化粧品を選びましょう。

ニキビやニキビ跡にお悩みの方、テクニックよりも本質的なニキビケア方法を知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消す為に必要な知識の情報サイト

頭皮に優しいノンシリコンシャンプーはベビーシャンプーにもオススメ!

ノンシリコンシャンプーブームにはうんざりしますが、
ノンシリコンシャンプー自体には賛成です。
しかし、ノンシリコンシャンプー=良いシャンプーというイメージを利用しただけのノンシリコンシャンプーがあまりに多すぎます。

単にメーカーといっても色々ありますよね。企業も人の集まりである以上、企業の考えがもろに商品に現れます。
使う人のことだけを考えて作られたシャンプーと単に流行にのってどこかの売れてるシャンプーのマネをしただけのシャンプーとで品質に差がでるのは当たり前です。

それら様々なメーカーから発売されているノンシリコンシャンプーですが、
それ以上の分類があまりされていません。ノンシリコンシャンプーは良いシャンプーというイメージが先行しています。

でも実際は差があります。同じではありません。だからノンシリコンシャンプーのブームはそのことをうやむやにしているのでうんざりしています。これはノンシリコンシャンプーなんです!って言っていればそこそこ売れる。
だからノンシリコンシャンプーを発売するメーカーが後を絶たないんです。

シャンプーというのはシリコンどうこうではなく、洗浄成分で決まります。
洗浄成分というのは界面活性剤のことです。これにどんな成分を用いているのかがシャンプーの質を決めるのであって、どちらかというとノンシリコンシャンプーに賛成するのはこの洗浄成分が良い成分であることが最低条件です。

洗浄成分が頭皮に優しいシャンプーはベビーシャンプーによく使われている成分だったりします。
なので、良質なノンシリコンシャンプーはベビーシャンプーとしてもオススメです。

ベビー向けシャンプーに使われる洗浄成分でできたノンシリコンシャンプーが一番!

ノンシリコンシャンプーというジャンルができました。
ほんの5年程前までノンシリコンシャンプーなんていう言葉はほとんど広まっていませんでした。
一部のサロンに通う人達の中で美容師さんによりサロン専売シャンプーの特徴として扱われていた言葉です。

それから数年の間にノンシリコンシャンプーという言葉が大流行し、さもシリコンが悪であるかのような扱われ方をしています。ちなみに成分としてみたシリコンというのは人体に悪影響を及ぼすものではありません。むしろ安全性は高い部類に入ると思います。それなのになぜシリコンがこんなにも取り上げられているのか、あきらかに仕掛けられているとしか思えませんが、ノンシリコンシャンプーの代名詞といえば今となってはレヴール、ノンシリコンシャンプーブームのきっかけとなったのはヌーディオーラです。

そしてこれだけノンシリコンシャンプーがブームになってノンシリコンシャンプーであれば売れるというくらいまで流行っているにも関わらず大手の化粧品会社が販売するシャンプーは一向にノンシリコンになりません。唯一なったのがメリットくらいです。なぜノンシリコンシャンプーを出せば売れるのにノンシリコンシャンプーを販売しないのでしょうか。

そして、ノンシリコン押しのレヴールなどに対してシリコンは悪ではないと説き、それぞれのメーカーのサイト内で毛髪診断士がシリコンの安全性などを丁寧に説明しているページまでできています。大手の化粧品メーカーというのはシャンプー1本300円や500円で売られています。いくら大手といえでもその値段でシリコンを使わずに消費者に満足してもらえるシャンプーをつくれないから出さないのでしょう。

シリコンはコーティング剤です。なぜ入れるのか、シリコンを入れることで手触りを良くし使用者を満足させるためです。

ではシリコンを使わずにシリコンと同じような効果を出そうとすると1本300円などのシャンプーは不可能でしょう。物理的にできないから作らないのです。

それもそのはず、大手メーカーの販売しているシャンプーの大半はとても洗浄力が強く、刺激の強いラウリル硫酸Naなどを主とした成分構成になっており、シリコンなしでは髪がダメージを受け、バシバシになってしまうでしょう。ということはノンシリコンシャンプーがやっぱりいいのかといいますと、それもまた違います。

はっきり言ってブームに乗っただけの大手メーカーシャンプーより成分がひどいノンシリコンシャンプーなどいっぱいあります。シリコンが入っている方がマシではないのか?と疑いたくなるようなものがたくさん出回っているのです。

だからノンシリコンシャンプーであってもどんな成分によって構成されているのかをきちんと確認する必要があります。理想はアメリカ等ではデシルグルコシドやラルラミドプロピルベタインなどの低刺激な成分がベビーシャンプーなどによく用いられており、そのような成分で作られているシャンプーは良質なシャンプーだといえるでしょう。

ベビーにも使える洗浄成分で作られたノンシリコンシャンプーをお探しなら⇒頭皮や髪に優しいノンシリコンシャンプーの通販サイト