ベビーにも使える化粧品は大人のニキビ跡にもオススメ

私は思春期ニキビをつぶしたことでニキビ跡が出来てしまったことをずっと後悔しています。

基礎化粧品のモニターをさせて頂く機会があり、化粧品会社の方とメールでやりとりをしていた時期があったのですが、ニキビ跡が気になるのですが治るにはどうしたらいいですかと質問したことがあります。

ニキビ跡を薄くするためのエステの施術や基礎化粧品があるようですが、基本的には凹凸が出来たニキビ跡は今の技術では治らないと言われました。ニキビ跡が目立たないように毛孔のケアをしたり、皮膚がたれて来ることで凹凸が目立つので基礎化粧品で引き締めたり、皮膚を持ち上げる努力をすることで多少の見た目は変わりますが薄くなることはありません。

ニキビ跡がどうして治らないかと言いますとすぱっと切れた傷は修復が早いけれど指や爪でつぶしてしまいがちなニキビは傷跡の観点からするとぐちゃぐちゃな傷跡になっているので皮膚が自然治癒しようとしたときに元通りにいかないから凹凸になるのだそうです。

中学生のときにその事実を知っていれば絶対に爪でつぶしたりはしなかったのにと後悔するばかりです。ニキビが出来た場合はすぐに皮膚科を受診して専用の薬を塗り、なるべく手で触って雑菌をつけないように気をつけるべきです。体験談から絶対につぶしてはいけないとニキビに悩む人には教えたいです。

ニキビ跡消す為にはとにかくお肌に優しく潤いたっぷりの化粧品を使うことです。
お肌への優しさの基準はベビーにも使えるかどうか。
ベビーにも使える化粧品であれば、大人のお肌にも低刺激です。

ニキビケアについての情報をもっと知りたい方はこちら⇒ニキビ跡消すのに大切な化粧品の選び方の情報サイト

Leave a Reply