ベビーに使う化粧品を気に掛けるように化粧品を選んでニキビ跡消す方法

ニキビケアという言葉を聞くとどのようなイメージをしますか?
できたニキビを治すというイメージが強いかもしれません。

できたニキビを治すということを続けても何年も何十年も同じことを繰り返している場合があります。
なぜそうなるのか、根本的なケアをしていないからです。

なぜニキビができるのか、そこが重要です。
ニキビケアとは本来ニキビができないように予防するケアを指します。
ではどのようにニキビケアすればいいのでしょうか。

まずニキビができる流れを見ていきましょう。
①毛穴がふさがる⇒お肌が弱っていて角質などが詰まる。
②ふさがった毛穴内部で皮脂が過剰分泌される⇒お肌の乾燥などを潤そうとして皮脂がたくさん分泌される
③溜まった皮脂を餌にしてアクネ菌が大量に繁殖する⇒いわゆる赤にきびといわれる状態

ニキビケアは今言ったながれにケア方法が隠されています。
ニキビになる流れが上記の流れになっているということは流れを止めればニキビはできにくくなりますよね。

毛穴がふさがるのを防ぐにはしっかり洗顔で汚れを落としましょう。お肌が弱っている場合は角質が厚くなっていることがありますので、ピーリングなども必要に応じておこないます。

そして、乾燥によって皮脂が分泌されやすくなるのであれば、乾燥させないように潤いを与え、保湿する必要があります。
これらが根本的なニキビケアとなります。

産まれた赤ちゃんに使うベビー用品やベビー用化粧品は気を遣いますよね。
それはデリケートな赤ちゃんだからこそお肌に優しいものを使ってあげたい思うからです。
自分自身の美容面においてもベビーをいたわるように化粧品を選びましょう。

Leave a Reply