ベビースキンケアの選び方のポイント

赤ちゃんのお肌に使うベビースキンケア用品はどのようにして選べばよいのでしょうか?

もちろん目的によって選び方というのは異なります。

どのような化粧品を使っても肌トラブルが起こらないような赤ちゃんの場合なら、
価格や香り、使いやすさなどで選ぶのも良いですし、

肌トラブルが頻繁に起こるお肌の弱い赤ちゃんの場合は、お肌への優しさ重視が良いでしょうし、

赤ちゃんのカサカサ肌が気になる場合は保湿力重視の選び方となると思います。

このように選び方は様々あっていいと思うのですが、
肌トラブルがないからといってお肌に負担が掛かっていないわけではありません。

むしろ刺激に対して敏感に反応するお肌の赤ちゃんの方が信号を出してくれるのでわかりやすいのです。

化粧品によるお肌への影響はすぐに現れるものではなく、
長い時間をかけて影響を及ぼすとされています。
それは経皮吸収されたものが蓄積されていくからです。

そのため、特にお肌のバリア機能などが未熟な赤ちゃんの間はお肌への負担を減らすように心掛けてあげることをおすすめします。

ベビースキンケアといえば、
ベビーソープ、ベビーシャンプー、ベビーローション、ベビーオイルなどがあると思います。

ベビーソープやベビーシャンプーのような洗浄系の化粧品の場合は、
まず第一に洗浄成分のチェックが必要です。
洗浄力が強すぎるとお肌への刺激になるだけでなく、必要な潤いまで奪ってしまいます。

また、洗浄成分以外の成分もお肌への負担となる成分が入っているかどうかの確認までしておけば間違いないと思います。

成分知識がなくても今の時代検索すれば、いくらでも成分情報が出てきますので、
我が子のために気になる成分は調べてみましょう。

ベビーローションやベビーオイルの場合は、洗い流したりせず、塗りっぱなしになるので、
特にお肌への優しさが重要です。

ベビーローションは化粧水よりのサラッとしたタイプとクリームよりのしっとりタイプがありますが、
お子様のお肌の状態に合わせて選んであげましょう。

新生児の皮脂分泌が多い時期などはサラッとタイプが良いでしょう。

ベビーオイルは100%のものがおすすめです。
1種類の100%や数種類のオイルの混合でも構いませんが、余計な成分が入っていないものが良いでしょう。

とにかく赤ちゃんのお肌はデリケートであるということをわかっていただき、
ベビースキンケア化粧品選びをされると良い選び方ができると思います。

Leave a Reply